このページを印刷

文字サイズ小中大

企業情報 CORPORATE

事業案内|航空宇宙カンパニー

Aerospace Company 日本の航空宇宙産業をリードし、多種多様な航空機の開発・生産に携わっています。

世界的に存在感あるブランドへ

航空宇宙カンパニーは、栃木県宇都宮市と愛知県半田市に拠点を置き、これまで多種多様な航空機の開発・生産に携わってきました。
旅客機では、ボーイング「767」「777」などの国際共同開発に参画してきた実績をもとに、最新鋭中型機「787」では主要な部位をなす中央翼の開発・製造、主脚格納部との結合を担当しています。 また、富士重工業の固有の技術を活かした無人機の分野では、防衛省向けに「無人機研究システム」や「無人偵察機システム」などを開発、宇宙航空研究開発機構(JAXA)向けには「無人機による超音速機」の研究もすすめています。
このほか固定翼機においては、戦後初の国内開発生産ジェット機である中等練習機「T-1」に始まり、海自初等練習機「T-5」、空自初等練習機「T-7」(いずれもプロペラ機)、空自飛行点検機/救難捜索機「U-125/U-125A」(ジェット機)など、数々の機体を主契約会社として防衛省に納入してきました。
一方、回転翼機でも、「UH-1J」など多用途ヘリコプターのほか、国内唯一の戦闘ヘリコプターメーカーとして、「AH-64D」をライセンス生産しています。さらに、海上保安庁や警察向けのヘリコプターも担当するなど、様々なフィールドでの実績を積み上げてきました。 このように航空宇宙カンパニーでは、これまでに培ってきた独創的で先進的な技術のもと、世界的に存在感のある航空機メーカーへの発展を目指し、常に新たな分野に積極的に挑戦しています。

【主な商品】
戦闘ヘリコプターAH-64D / 多用途ヘリコプターUH-1J / 初等練習機T-5 / 無人偵察機システム / ボーイング777中央翼 / ボーイング787中央翼

無人機研究システム
無人機研究システム
練習機「T-5」
T-5練習機
戦闘ヘリコプター「AH-64D」
戦闘ヘリコプター「AH-64D」

ページトップへ