2016年2月1日

富士重工業 スバル汎用エンジン「EXシリーズ」をモデルチェンジ
~デザインを刷新し、性能品質向上と減速機付仕様追加で商品力を強化~

富士重工業は、汎用エンジンの主力製品である「EXシリーズ」をモデルチェンジし、2016年2月2日より米国ラスベガスで開催される世界最大のコンクリート関連展示会「ワールド・オブ・コンクリート(WOC)」で発表、2016年4月より販売を開始します。今回のモデルチェンジでは、外観デザインの刷新を中心に、性能品質向上、減速機付仕様追加等の商品力強化を行い、より多くのお客様のニーズに対応します。
 
「EXシリーズ」は、2001年に4機種で販売を開始、2007年には2機種を追加し、全6機種を展開。全機種オーバーヘッドカム(OHC)機構を採用し、優れた性能と耐久性、環境性能を実現したエンジンです。その耐久性の良さから建設機械業界をはじめ、発電機や高圧洗浄機など幅広い製品に搭載されています。
 
【EXシリーズの主な改良内容】
1.デザイン

・エクステリア*1
EXシリーズのメインカラーであるブラック*2を艶なしから半艶に変更、エアクリーナーの一部にはシボを追加し、シリーズ統一のデザインにすることで、統一感と質感を向上しました。
・モデルラベル
金属的な素材感を出すことで、先進性・耐久性を表現しました。

2.性能*3

・シリンダーヘッドの吸気ポート形状の改善、マフラー構造の改善等により、性能品質向上を行いました。

3.商品力強化

・EX17モデルに、主に産業機械、農業機械用の特殊仕様用途への対応を図る為、新たに外付1/2減速機付仕様(クラッチ付)と1/6減速機付仕様を追加し、北米を中心に更なるお客様のニーズへの対応を図ります。

 
【展示】
展示会「ワールド・オブ・コンクリート(WOC)」の他、展示会「ザ・レンタル・ショー(アメリカン・レンタル・アソシエーション:ARA主催)」にて、新型「EXシリーズ」とEX17モデルの1/2減速機付仕様(クラッチ付)と1/6減速機付仕様を展示します。
 
【発売開始】
2016年4月より順次、販売*4を開始します。
 

*1: 国内生産モデルが対象となります。
*2: ブラック色以外は、エアクリーナーとモデルラベルのみの変更となります。
*3: 海外(中国)生産モデルが対象となります。
*4: 1/2減速機付仕様および、1/6減速機付仕様は2016年10月より販売開始となります。

 
 【EXシリーズ諸元】

モデル名 EX13 EX17 EX21 EX27 EX35 EX40
型式 空冷4サイクル単気筒OHCガソリンエンジン
総排気量(cc) 126 169 211 265 404 404
最大出力

(kW[HP]/rpm)

3.2[4.3]/4,000 4.2[5.7]/4,000 5.1[7.0]/4,000 6.6[9.0]/4,000 8.8[12.0]/3,600 10.3[14.0]/3,600
全長(mm) 297 304 311 351 389 389
全幅(mm) 341 354 366 420 446 446
全高(mm) 318 335 335 410 447 447

 

2016_0201_01

EXシリーズ(EX17)