2016年1月25日

スバル アイサイトを搭載するフォレスターが
2015年度予防安全性能アセスメントで最高ランクのJNCAP「先進安全車プラス(ASV+)」を獲得

このたび、スバル独自の運転支援システム アイサイトを搭載するフォレスター*1が国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA*2)が実施する、2015年度予防安全性能アセスメントにおいて、最高ランクであるJNCAP*3「先進安全車プラス(ASV+*4)」を獲得しました。

2015年度予防安全性能アセスメントは、2014年度の評価対象となっている衝突被害軽減制動制御装置(AEBS*5)[対車両]と車線逸脱警報装置(LDWS*6)に加え、ドライバーが直接確認することが困難な後方の視界情報を車内のモニターに映し出す装置(バックビューモニター)の評価として、後方視界情報提供装置の試験が実施され、フォレスターは46点の満点で「ASV+」を獲得しました。

スバル車は、これまでに実施された予防安全性能アセスメントにおいて、アイサイトを搭載するすべての車種が「ASV+」を獲得し、アイサイトを核とした予防安全性能の高さを実証しており、2015年暦年のスバル車の販売台数に占めるアイサイト搭載車の比率は8割を超えています。

2015年11月に行ったフォレスターの大幅改良では、新開発となるアダプティブドライビングビームを採用したヘッドランプを含む先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」の展開や、スバル初となるLEDハイ&ロービームランプとステアリング連動ヘッドランプを採用するなど、更なる安全性能の追求に取り組んでいます。

<ご参考>
■試験結果詳細(NASVAホームページ)
http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/list_search_subaru.html
■スバルオフィシャルウェブサイト(スバルの総合安全)
http://www.subaru.jp/safety/

*1:リヤビューカメラ搭載車
*2:National Agency for Automotive Safety & Victims’ Aid
*3:Japan New Car Assessment Program
*4:Advanced Safety Vehicle +
*5:Autonomous Emergency Braking System
*6:Lane Departure Warning System

01 02
先進安全車プラス(ASV+) フォレスター 2.0XT EyeSight