2016年12月7日

ヤマハ発動機と富士重工業の間で
汎用エンジンの一部および米国販売会社の譲渡に関する契約を締結

YAMAHA SUBARU

ヤマハ発動機株式会社
富士重工業株式会社

 ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市、社長:柳弘之、以下ヤマハ)と富士重工業株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:吉永泰之、以下富士重工業)は、富士重工業の一部汎用エンジンの技術資産と、米国販売会社の譲渡について合意し、本日までに契約を締結しました。
 富士重工業が2017年9月末をもって汎用エンジン等の生産・販売を終了することから、2017年10月1日の譲渡完了に向けて、両社で協議を進めていきます。

 具体的には、大型発電機や大型芝刈り機などに搭載される、富士重工業の汎用エンジン「EH Vツインシリーズ」の3製品(EH65、EH72、EH65V)の技術資産を、ヤマハモーターパワープロダクツ株式会社(本社:静岡県掛川市、社長:石岡修、ヤマハ発動機100%子会社、以下 YMPC)へ譲渡します。これにより、YMPCは汎用エンジン「EH Vツインシリーズ」の国内外での販売が可能となります。

 米国販売会社の譲渡については、富士重工業の子会社であるSubaru Industrial Power Products(本社:米国イリノイ州、社長:齊藤裕之、富士重工業100%子会社)の全株式をYamaha Motor Corporation, U.S.A(本社:米国カリフォルニア州、社長:大川達実、ヤマハ発動機100%子会社)へ譲渡します。これにより、ヤマハは北米における富士重工業の汎用エンジン事業のアフターサービスを継承するとともに、北米での特機事業をさらに強化していきます。

■報道機関お問い合わせ先
・ヤマハ発動機株式会社 コーポレートコミュニケーション部広報グループ

(本社) 静岡県磐田市新貝2500 TEL 0538-32-1145
(東京) 東京都千代田区丸の内2-1-1 丸の内マイプラザ15階 TEL 03-5220-7211

・富士重工業株式会社 広報部

(本社) 東京都渋谷区恵比寿1-20-8 エビススバルビル TEL 03-6447-8484